給料と会社設立

給料と会社設立を行うメリットについて

会社設立とは会社を作ることを意味します。それは単なる事業を行っているという事実に基づくものではなく、必要となる書類を作成し、所轄の法務局に届出をすることで設立登記をすることを意味します。この様な行動を行うことによって法的に会社、いわゆる法人が設立されることになり、事業を行う上で様々なメリットを受けることが出来るようになるのです。

これから事業を行おうとする人が最初の段階で会社の設立を行うことも少なくありませんが、まずは自分一人で事業を開始し、軌道に乗ってから会社設立の手続きを行うという方法を選択することも少なくありません。この場合には会社設立をすることによる様々なメリットを得るという目的で手続きを行う場合が少なくないのです。

個人事業を行っている人が会社設立をすることで法人を作るということには様々な点でメリットがあります。その内、積極的に会社設立を目指す一つの理由として税制上のメリットがあると言えるでしょう。より具体的には給料一つとってみても個人事業主の場合と法人を設立した場合では異なるのです。まず個人事業主として事業を行う場合、事業収入は全て個人口座に入ることになるでしょう。

会社設立をしない以上は会社の口座を作ることはできませんので個人名義の口座に売上金が振り込まれることになります。そのためそれらの資金は全て課税対象になるのです。自分自身の取り分はその中から拠出するしかありません。しかし会社設立をすることでこの状況には大きな変化が生まれます。

会社設立により法人を作ってからは法人の口座を作ることが可能になります。明確に個人の口座と法人の口座を分けることが出来ますので事業収入と個人収入を分けることが出来るのがメリットです。その上で大きいのは自分自身の取り分である給料は役員報酬と言う形で経費として処理できるという点です。

個人事業の場合には給料は課税対象となる事業収入から出すしかありませんでしたが、会社設立をしてからは課税対象とならないばかりか経費にすることが出来るのです。この現実は取り分を多く出来るようになるほどメリットが大きいため、事業が好調に推移しているのであれば会社設立をしないことによるメリットは無くなると言えるでしょう。給料関係一つとってみてもこの様なメリットがあるのが法人を作るということなのです。そのため、メリットが出る段階になった場合には専門の業者に委託してでも会社を作る手続きを行うのが望ましいと言えるでしょう。”